(健康)風呂・サウナの温度差って実は危険。

台風の季節も徐々に去り、この時期になると流石に冷え込んで来きますね!

そして冷え込んで来るとお風呂へ向かい湯船に浸かり暖まりたくなるのがまたこれからの季節でもあります。
しかし時にはその温度差に気を付けなくてはいけません。

最近のニュースで{船橋のサウナから出た後自転車で運転中倒れてしまった元大関・若島津さん}のニュースをテレビで拝見したのですけど、実はこのニュースを見た時私はちょっとビックリした訳です。
何故なら私は以前父親と千葉県・船橋市に住んでいて、よく父が船橋市の健康ランドに行っていたからです。

そして父も風呂上りに倒れそうになった(結構ヤバかったらしい・・)ことがあるのですが、その後病院に行き診断を受けたら、それもその筈、高血圧で最高値が200近くもありビックリしたということです。
若島津さんが船橋市の何処のサウナに入っていたのかは定かではありませんが、このニュースは人事では無いなと私は思いました。

現在は父も食事療法(大麦若葉などの青汁や豆腐などの大豆系、玄米黒酢・他)などの摂取でかなり健康を取り戻しつつありますが、とにかくこれからの寒い時期は風呂の温度と外の温度差を特に気おつけた方が良いとそして血圧が心配の方は時に病院へ行き検査にも気を配った方が良いのでは?と私は思いました。
若島津さんの早期回復を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です